エナメル質再生治療「エナメルリペア」についてのQ&A

■歯の補強とありますが、フッ素塗布と同じですか?

エナメルリペアはフッ素塗布とは別のものです。
フッ素は歯の表面からカルシウム成分を抜き取りフッ素イオンと反応することによって、歯の表面にフッ化カルシウムという細かい結晶を作ります。
しかし、歯の表面に載っているだけのこの結晶は、だ液で容易に流されてしまいます。エナメル質再生法は、歯の表面からカルシウム成分を抜き取らず、エナメル質と同じ積み木のような結晶を歯の表面に作ります。
それによって、むし歯の最初に出来るポイントである小さなくぼみや亀裂、歯の弱い部分をエナメル質と同素材でコーティングし、歯を強化します。手法としては削らずに歯を強化するという目的はフッ素と同じ、歯を強化するメカニズムや効果はフッ素塗布とは全く異なる新しい歯の強化治療法です。

■口臭を抑えると聞きましたが、何回の治療が必要ですか?

通常3~6ヶ月に一度でも効果が見られますが、むし歯や歯周病が無ければ「3~4ヶ月に一度、季節ごと」に歯の表面を覆っているエナメル質の全面的な再生を行うのが理想的です。
歯周病で口臭のひどい方は歯そのものも放射光を使った研究で臭いを発生していることが示されています。
そのため、健康な成分で歯の表面を覆うことが歯周病改善のサポートとなりますので、歯科医と相談しながら3~6ヶ月の範囲で定期的なエナメル質再生を心がけるのが良いでしょう。

■歯周病でこの方法を行った場合、どんな効果があるのですか?

放射光を使った研究で、歯周病で口臭のひどい方は歯自体も臭いを発生していることが示されています。
また食物や様々な嗜好品によって歯の表面が汚染され、長年間にわたっているため少なからず劣化していきます。
そのため健康で清潔な新しいエナメル質成分で歯の表面を再生させることは、歯周病の改善のため大いに役立つでしょう。
歯や歯ぐきも皮膚でも汚れがついているとかぶれるのと同じです。新しい歯は清潔で歯肉の健康に貢献します。

■すでに大きな虫歯があるとこの治療法は使えないのですか?

大きなむし歯を削って治す場合も、治療の前にこの方法でむし歯やその隣り合った歯も強化した上で改めて通常のむし歯治療を行う方が歯と詰め物のすき間からむし歯が進行するのを抑制し、歯を守ってくれるのです。

■入れ歯を支えている歯には効果ありますか?

入れ歯で覆われている面積が広くなり、温かい口の中では細菌が繁殖しやすい環境になっています。
ですから、清潔なもので覆うことで歯の表面の細菌の繁殖しにくい面積が増えて、口の中の衛生状況が改善され長く清潔に入れ歯を使用できます。

■歯の矯正を行っていますが、矯正前に治療した方が良いですか、それとも後がよいです
か?

歯の矯正装置をつける前、矯正中(3~4ヶ月に一度程度)、矯正後など、機械あるごとにエナメル質を補強しておくのがよいでしょう。
ただ、矯正装着中は矯正歯科医とよく相談しながら強化時期を決めてください。

■生後何ヶ月から行えますか?

生まれて1年以内の乳幼児でも行えます。

普通はこのエナメル質再生法をむし歯治療をする前にお願いすると治療費は別にかかるのですか?

通常のむし歯治療とエナメル質再生治療は全く別の治療となり、使う材料なども異なります。ですから、費用も別ということになります。

歯科医院SEO対策ならお任せください。被リンク構造の質がまるで違います。<完全返金保証付き!>

歯の保持は、美容歯科に関する治療が終わり満足できる完成形ではあっても、怠らずに続行しないと治療を始める前の状態に退行してしまいます。
初期の段階では歯周病を起こす菌が歯の表面に密着し、それで歯ぐきが炎症を起こして赤くなって熱を持ってしまったり、ハブラシで歯のブラッシングをすると毎回出血してしまうような状況になるのが歯肉炎なのです。
審美歯科での治療は表面的な綺麗さのみならず、歯並びや噛み合わせについての修整を行い、その成果として歯牙が持つ本来の美しさを見せることを追い求めていく治療です。
唾はいかにも酸味の強そうな物や、美味しそうに見えるものを目にしただけで分泌されるのですが、じつは、ムシ歯や歯茎の歯周病の防止に作用するのが唾なのです。
唾液分泌の減少、歯周病と同様に、入れ歯を使用することが原因で生まれる口臭など、加齢と口の臭気の関わり合いには大変数えきれないほどの理由が含まれるようです。


ここへ来て歯周病の元凶を除去する事や、原因となる菌に冒された病巣を清潔にすることで、組織が再び生まれ変わることが期待できるような歯科の技術が生み出されました。
私たちの歯牙の外側のエナメル質の真下の部分より、口内の酸性の度合いが低くなりペーハー(PH)の値が5.5から5.7より小さくなるとリンやカルシウムなどが溶出してしまいます。
この頃たくさんの人に認識されているあのキシリトールの配合されたガムの力によるむし歯の予防策も、こういう類の研究開発の結果、確立されたものと言う事ができます。
口内の状況はもとより、体全体の健康状態も統合して、歯科医ときちんとご相談の上、インプラント治療法を始めるようにしましょう。
口腔内に矯正装置をはめこみ、安定的に歯に力を連続的に加えて正しい位置に人工的に戻し、正しくない歯並びや噛み合わせなどを改善するのが歯列矯正と呼ばれる施術になります。


先に口内に矯正装置を装着し、一定の圧力を歯に絶え間なくかけることで正しい位置に人工的に移動し、正常ではない歯並びや噛みあわせを改善する技法が歯列矯正と呼ばれる施術になります。
入歯という人工的なものに対して馳せる後ろ向きなイメージや固定化した考えは、自分の歯牙との使い心地と比べるがために期せずして大きくなってしまわれるのだと察します。
口内炎の症状の重さや出る部分によっては、ただ舌が動いただけでひどい激痛が発生し、唾を飲みこむことすらも難しくなります。
歯周組織回復のために、エムドゲイン治療の採択は極めて有能な選択肢なのですが、悔しいことに、確実に再生の効果を手にする保障はありません。
口臭を和らげる働きがある飲物に名前があがるのはコーヒーですが、あまりにも飲みすぎると口の中がカラカラになってしまい、意に反して口の臭いの原因になってしまうことが公表されています。

口腔内に口内炎が発症する要因は、摂取するビタミン量が足りないのがそれの一部なのは確かですが、それに必要なビタミンは簡単に摂れるサプリメントや、薬局でも買える医薬品の飲薬としても広く市販されています。
インフォームド・コンセントの取り組みは、患者の病状を厳密に納得しそれに最適な治療の実施に、自ら挑戦しましょうという理論に端を発しています。
歯を長々と持続するためには、PMTCがすごく肝要であり、この手法が歯の治療後のままはるか先まで持続可能かどうかに、大きく関わってくることも真実です。
大切なのは虫歯を誘引する虫歯菌や歯周病菌を可愛い赤ちゃんに近づけさせないためにも、婚姻を前にした女性陣は虫歯治療は、できる限り処置しておく必要があると考えましょう。
患者への情報の公開と、患者本人の自己選択を尊べば、相応の負担が医者側に向けてきつく期待されるのです。

どのような職業の社会人に向かってもいえることですが、歯科衛生士みたいに医療関係の現場に勤務する人は、殊に仕事中の格好に気をつけなくてはならないと言われています。
口のなかの唾は、いかにも酸味の強そうな物や、美味しそうな食べ物を見ただけで自然に分泌されるものですが、じつはむし歯や歯周病等の病気の防止に最適なのが前述した唾液です。
ビオラ社のエムドゲイン薬を歯周外科治療の施術中に付けると、乳歯が初めて生えたような状態と同一の、タフに付く歯周再生を助けることが期待できます。
歯周組織を再生するために、エムドゲイン治療を行うのは格段に効果のある技術なのですが、しかし、最高の再生の作用を獲得できるとも言い切れません。
口の開け閉めが原因の筋肉の緊張を解きほぐし、曲がってしまった顎関節の奥の方を正しい値にするトレーニングを取り入れたり、顎関節の動き方を円滑にする医学的な運動をやってみます。

歯の表面を少しだけ削って白くする働きのある研磨剤が入った歯みがき粉は、多少マイナスの作用ですが、歯が再び石灰化するのを助けるのは便利な効能となります。
まず口内に矯正装置を装着して、歯に一律の圧力を絶え間なく加えて人工的に正しい位置に動かし、問題のある歯並びや噛みあわせを治す技法が歯列矯正といわれる治療法です。
プラークコントロールというキーワードを聞くと、毎日の歯磨きを思うことが大部分だと感じますが、それ以外にも色んなプラークコントロールの活躍があるとされています。
実は唾液は、口腔内の掃除係りとも考えられる程に大切な役割を担っていますが、その重要な唾液が減少してしまえば、口のなかの臭いがひどくなってしまうのは、必然だと把握されています。
病気や仕事等が原因で、疲労が溜まり体力が著しく落ちたり、栄養バランスの悪い食事が長く続くことにより、体調が万全ではない状況になってしまうと口内炎が出やすくなるのだそうです。